早漏改善は戦い?我慢する方法とは

早漏で悩んでいると言う男性は日本では意外と多く、特に包茎など普段刺激を受けにくくなっている人が多い日本人だからこそ早漏が多いとも言われています。
そんな早漏を我慢する方法として知られているのが「セマンズ法」と呼ばれているもので、簡単に言えば射精しそうな瞬間を我慢してしばらく落ち着かせてからまた射精しそうな瞬間まで刺激を与えると言う方法になっています。
ですがこの方法は有名ではありますがあまり効果がないという声も少なくないようで、射精感との戦いという点では有効なのですが行為として面白くない・楽しくないと言うところから結果を得られなかったと言う人も多いようです。
ではもっと効果的な早漏を我慢する方法はあるのかと言うと、最近言われるようになってきたのが意識の改革です。
早漏改善と戦おうとしている男性そもそも早漏で悩んでいる人の多くは性行為をする際には常に射精感との戦いになってしまっており、行為そのものを楽しめなくなっていると言う部分が指摘されています。
それに対して早漏ではない人の場合は行為そのものや相手の反応を楽しむ余裕を持っており、相手を気持ちよくしてあげたいということから我慢する事も射精感との戦いをすることもなく行為をしていると言われています。
つまり我慢する方法の第一歩としてはまず射精感が来るまでの刺激を楽しむことが大切であり、我慢するのであれば射精感を感じてからではなく最初から我慢するということを意識するようにする事がポイントとなっています。
なのでセマンズ法を実践する祭にも最初から我慢をしながら実践すると徐々に強い刺激にも耐えられるようになると言われているので、射精そのものを最終的な快楽であると意識付けながら実践する事がお勧めです。