早漏と言われてショックを受けたなら刺激に慣れる訓練

ショックを受けている男性男性が女性に指摘されるとショックだと感じることには、色々なタイプのものがあるでしょう。
その代表的なものとしては収入の低さであったり、背が低い、髪が薄いといったような容姿の欠点であったりと、それほど親しくない関係の女性にも指摘されそうなものが思い浮かびやすいですか、特に親しい間柄の女性にしか指摘されないもので、指摘されると特に大きなショックを受けがちなものとしては、性的な能力における欠点があります。
そしてその中でも特に多いケースが、性行為時に女性が満足できるような快感を得る前に射精を終えてしまったことで、早漏だと言われることです。
女性に満足してもらえなかったという残念な気持ちや、早く果ててしまったことに対する恥ずかしさを感じている時に、追い打ちをかけるように早漏という言葉をぶつけられると、場合によってはトラウマが残るほどのショックを受けてしまう人もいるかも知れません。
しかし実は早漏は、程度の差はあるものの、多くの男性が抱えている悩みなのです。
その原因としては、なかなか改善策が難しい心因性の理由も大きいのですが、性器が刺激に敏感だという肉体的な原因も考えられ、その対応策としては刺激に慣れるための訓練をするという方法があります。
自分一人でできる性器を刺激に慣れさせる方法の代表例は、オナニーに工夫をすることです。
普通にオナニーしながらも、射精しそうになったら手を止めるという行動を繰り返すという方法や、刺激を感じやすい包茎の人なら、オナニーの際に性器の皮を剥いて、ローションを使ってゆっくりと擦るようにするという方法があります。
また包茎の人は普段から皮を剥いて生活した方が刺激に慣れやすいので、包茎矯正用パンツを着用するという方法も考えられます。