早漏と包茎は関係性が深い

早漏と包茎について説明する医師一般的に早漏と言えば性交渉の際に平均的な時間よりも早い時間で射精してしまう事を指しています。
そして近年になって問題視されているのが、早漏は遅漏よりもマシであるという風潮になります。
確かになかなか射精できない遅漏は女性への負担も大きく、場合によっては痛みを感じるようになってしまう可能性もあります。
たしかに遅漏も遅漏でいろいろな問題がありますが、早漏もやはり問題が多いです。
早漏の原因の一つに包茎が挙げられます。
基本的に男性器は包皮が剥けている状態が普通とされていますが、勃起していない時には包皮に包まれている方も大勢いらっしゃいます。
そのような状態だと亀頭に刺激が与えられる事が少なくなりますので、性交渉の際に早い段階で射精するようになってしまいます。
また包皮を使って自慰行為する事も同じ様な結果になりますし、それが慢性化してしまうと膣内射精障害などの症状を引き起こす事があります。
したがって早漏と包茎は関係性が深く、女性の中でもこのような認識は広まってきています。
なので女性との性交渉の際に早漏であると判断されてしまう事は男性にとっては不名誉な事ですし、最悪の場合は変な噂を流されてしまう可能性もあります。
なおそのような事態に陥る事を回避する方法ですが、これはまずは亀頭への刺激を与える事が最優先事項になります。
基本的には常に器具など使って包皮が剥けた状態にしておき、刺激に慣れさせる事で亀頭を鍛えます。
また、自慰行為を行う際にも亀頭に刺激を与えるようなやり方をするように心がける事も大きなポイントになっています。
ただしやり過ぎてしまうと遅漏に繋がってしまいますので、その点は注意が必要になります。